lilting

今日もちょっと楽しい

春に似合う曲

夏に似合う曲という記事を書いていたのですが、まだ春だなってことで春に似合う曲を集めて先に公開することにしました(笑)

 

 

Laura Mvula "Green Garden"

www.youtube.com

この奥行きと独特の響きがある声が魅力的なロウラ・マブーラ。(名前の表記難しい)

PVの春霞って感じの雰囲気も好き。

こんな昔っぽい服が着たい!!

 

 

Pharrll Williams "Happy"

www.youtube.com

やっぱり春は明るい曲がいいですね。

底抜けに明るくて幸せを感じるこの曲はぴったり!

 

 

Michael Jackson "Love Never Felt So Good"

www.youtube.com

春って愛の季節ですよね。

明るくて優しい暖かさが誰にでも訪れるといいな。

 

 

Maroon5 "Sugar"

www.youtube.com

この曲は春の空気はまだ少し冷たいんだけど明るくなってきた日差しを感じます。

自分の感覚に寄せ過ぎ?(笑) 

 

 

The 1975 "Girls" 

www.youtube.com

マルーン5くらいいいバンドだと思うんですが、日本ではそこまで知名度ないのかな?

 キラキラしてていいです。

 

 

 Lucy Spraggan "Lighthouse"

www.youtube.com

カントリー、フォークは季節感を表してきた音楽だと思うので春にも当然合うはず。

 

 

BOY "Little Numbers"

www.youtube.com

上のルーシー・スプラガンの曲と似てる感じがします。

 

 

Play N Skillz "Are U Still Alone"

www.youtube.com

急にヒップホップ入れてみました。

ヒップホップでも季節に合わせられるのだ!

 

 

Cam'Ron "Oh Boy feat.Juelz Santana"

www.youtube.com

キラキラしてポップなトラックが春に似合う!と思ってます。

どうかな?

 

 

Post Malone "Psycho feat.Ty Dolla $ign"

www.youtube.com

今一番人気のあるラッパー、ポスト・マローン。

愛称はポスティー

新しくて人気の曲も入れといた方がいいと日和ってみました(笑)

でも柔らかい感じが春に合うね。

 

 

Justin Bieber "Baby feat.Ludacris"

www.youtube.com

今はもう見る影もなくなった健全な少年の雰囲気がある頃のジャスティン。

でもガキ使の「笑ってはいけない図書館」アメリカ版に出てるのを見ると昔から自己中っぽいけど。

それはさておき曲は春に合うと思います。

 

 

John Legend "Each Days Get Better"

www.youtube.com

春は物事が良い方に進んでいくような、そんな期待を持たせてくれる季節だと思います。

てことでジョン・レジェンドのこの曲。

 

 

 Craig David "Hidden Agenda"

www.youtube.com

春は外に出て風景を愛でることをしたくなる季節ですね。

歌詞の内容はそうでもないみたいですが(笑)

 

 

Culture Club "Karma Chameleon"

www.youtube.com

日本人も大好きなこの曲。

春にもぴったりでは?

 

 

Ralph Vaughan Williams "The Lark Ascend"

www.youtube.com

急にクラシックも入れてみました。

タイトルにあるラークはひばりの事で春の季語でもあります。

まさにぴったり。

この曲を聴くと懐かしさが胸に込み上げてくるんです。

なぜだろう。

 

 

hide with Spread Beaver "HURRY GO ROUND"

www.youtube.com

今回唯一の日本語曲。

日本の曲から選ぼうとすると桜舞い散らかってしまうのでね。

春は幸せだけど切ない季節でもあると思います。

そして特にhideのファンはこの曲を春に聴くと苦しさと幸せな暖かさを同時に感じてしまうでしょう。

もう会えない今この瞬間を大事にしたいと思わせる曲です。

 

 

いかがでしたか?

春のイメージを感じられたでしょうか。

季節を感じるには何かそれに合った雰囲気を持つもので増幅させるという方法もあると思います。

それぞれどんなことでもいいので自分らしいやり方でこの季節を十分に楽しみましょう。

 

夏、秋、冬もやるよー!