lilting

今日もちょっと楽しい

M−1グランプリ2018感想

今年も録画で見ることができました。

見ながら感想を書き散らかします。

 

 

1、見取り図

知らないコンビでした。

スタイルもわからないし例えもわからなかったので前半はイマイチな感じでしたが、そのわからない例えがボケだったことを回収してからはスタイルが理解できて面白かったです。

ただそのスタイルがわかるまでのスパンが長かったのがもったいないかな。

僕が知らなかっただけなんですけど。

ところどころ独特のセンスが光る言葉選びは良かったです。

 

2、スーパーマラドーナ

サイコ感が強すぎるように感じました。

普段のライブとは違ってテレビでやると見る人の人数は恐ろしく跳ね上がるので、なかなかネタ選びというのは難しいのでしょう。

見取り図も女性の容姿をネタにしてたしちょっと全国ではなあという印象。

関西のライブでやって受けてたから持ってきたんでしょうけどね。

 

3、かまいたち

好きなコンビです。

ずっとポイントカードと初恋の対決で引っ張ってたけどそれがずっと面白いという凄さ。

一昔前のM−1決勝でこのネタをやってたら優勝してたと思う。

 

4、ジャルジャル

ジャルジャルらしい反復のネタ。

不思議と時間が短く感じました。

リズムの効果ですね。

ボケは凝りに凝っているわけではないんですけど面白かったです。

スキルとかじゃなくて人間のもうちょっと単純な部分を刺激したのかな。

 

5、ギャロップ

すごく面白いけどちょっと辛くなるネタでした(笑)

自分もモデル同士のコンパなんてシチュエーションには耐えられない側なので。

安心して見られる大阪の漫才ですね。

 

6、ゆにばーす

去年は勢いで面白かったんですけど今年は上手くなってました。

ただその分勢いがなくなってたかな。

 

7、ミキ

ギャロップと同じく(?)自虐ネタですけど明るくてめっちゃ面白かったです!

「めちゃくちゃ簡単なアハ体験」とか笑ったな〜。

兄弟のやり取りってとこがちょっとほのぼのさせるのかな?

 

8、トム・ブラウン

知らないコンビでした。

う〜ん順番関係ないけど特にミキの後はつらいな〜。

M−1はこうゆうコンビも1組は毎回いますね。

逆に伝説作るパターン。

ライブ会場で見ると面白いのかな〜。 

会場の人に結構笑っている人いたんですけどほんと一部の人がハマってる感じでした。

僕にはハマらなかった。

2本目のネタの予告は面白かった(笑)

にゃんこスターみたいな感じで斬新に映るのかな。

でもキャリアを積んでいない場合は大体2本目は失速するんだよね。 

 

9、霜降り明星

知らないコンビでした。

トム・ブラウンみたいに高いテンションと変なことをやり続けるスタイルでしたが、これは面白かった!!

大振りの動きボケにツッコミというより実況みたいな感じなのが良かったんでしょうね。

見てる人にもわかりやすいしワードも面白いし。

 

10、和牛

最後は精神的にきつかったと思うんですが、独自の世界観に引き込めていたと思います。

「殺す」を連発してるのがちょっと引っかかりましたが、めちゃめちゃ面白かった!!!

素晴らしく上質な漫才という感じでした。

でも僕はM−1はぶっ飛んだ世界観とテンションの高さを併せ持つことが必要だと思うので、1位にはならないなと思いました。

 

 

決勝

1、ジャルジャル

繰り返しと対抗しあうというジャルジャルらしいネタです。

でも1回目と比べて結構ベタでした。

やっぱり2回目は比べられるのがまた難しいところですね。

 

2、和牛

ディープな世界観をぶつけてその場を自分たちの空気感にする実力はさすがですね。

でもこれはお母さんがかわいそうになるからちょっとみんな心に引っかかりができたと思う。

去年も1本目が跳ねた後2本目で陰湿なネタやってダメだったじゃんか〜。

 

3、霜降り明星

 出だしはどうかなと思ったけどボケの手数が多くて自分たちのテンポを生み出していたと思います。

その辺はナイツにも通じますね。

ただやっぱり動きの大きさ、テンションの高さ、ぶっ飛んだ世界観で一番。

すごくベタなボケもあったんですけどそれも説明ツッコミと手数を重ねることで面白くしていました。

 

 

今回ネタ後の審査も得点も見る前に感想を書いたんですけど、審査員の方たちの意見はすべて納得がいくものでした。

放送から時間が経っているので上沼恵美子さんの審査がどうのこうのということで盛り上がっていることは知っていました。

僕は前回も今回も上沼恵美子さんの審査はおかしくないと思っています。

技術面のコメントでも経験に裏打ちされた視点ですし、感想もこういう意見はもっともだなとも思えます。

そもそも個性を極めた人たちに平均的に審査しろという方が無茶なんじゃないですかね。

さらに言うと松ちゃんも結構他の人と違う点数出すことが多いんですけど、松ちゃんには誰も何も言わないんですよね。

それはおかしくないか。

おかしくないかってのは審査じゃなくて批判意見がね。

結果はこれしかないし何も間違ってはいないと思う。

 

まあ素人なのでどうでもいい意見ですけど。

ということで今回は要らない情報も気持ちもあったんですけど、日々芸を磨き上げている人のぶつかり合いは見応えがありました。

見てる方はもっと気軽に笑えたらいいよね。

 

 

mariostang.hatenablog.com

 

ローソン「ゴディバ フォンダンショコラ」

ローソンのウチカフェスイーツ「ゴディバ フォンダンショコラ」を食べました。

連続でコンビニスイーツ記事です。

コンビニスイーツの記事を書くときは大体ひきこもっている時です。

f:id:mariostang:20181209162902j:image

だいぶ小さいカップですが税込350円します。

コンビニスイーツにしては高価格ですがゴディバコラボの場合はいつもこんな感じですね。

 

f:id:mariostang:20181209162910j:image

レンジで20秒温めます。

プレートチョコが溶けてしまいました。

 

f:id:mariostang:20181209162919j:image

スプーンで切るととろけたチョコレートが流れ出します。

フォンダンしてますね〜(?)

食べてみると高いチョコの香りがします。

でもそこまでは強くない。

ケーキ部分の舌触りは他のコンビニスイーツと大差ありません。

今までのゴディバコラボスイーツと比べると見た目にも高級感がないし、味もゴディバ感が弱くなっている気がします。

前のものと比べて感動はないかな。

一応ミルフィーユとホットチョコレートも買ってみよう。

 

 

mariostang.hatenablog.com

 

ファミリーマート「スフレ・プリン」

ファミリーマートのスイーツ「スフレ・プリン」を食べました。

f:id:mariostang:20181202173342j:image

プリンの上にスフレケーキが乗っかった一風変わったお菓子です。

完全に新宿NEWoman駅ナカにある「フリッパーズスタンド」のインスパイア商品です。

スフレパンケーキプリン専門店「フリッパーズ スタンド」新宿ニュウマンに、とろける4層の進化系スイーツ - ファッションプレス

 

いつも気にはなっていたんですが販売時間が決まっているのと行列ができるので買ったことないんですよね〜。

ファミマは近くですぐ買えるので試しに買ってみました。

そういえばファミマにはバターバトラーのインスパイアフィナンシェもあるな。

しかもそこもNEWomanの駅ナカ

さては企画担当者、新宿駅使ってるな!

 

f:id:mariostang:20181202173354j:image

勝手な予想はさて置きスイーツ紹介です。

上からスフレチーズケーキ、キャラメルソース、生クリーム、カスタードプリンの4層構造になっています。

 

f:id:mariostang:20181202173402j:image

まずはスフレチーズケーキだけ。

ふわっと軽い仕上がりになっております。

 

f:id:mariostang:20181202173410j:image

もう一気に4層攻めていきましょう!

スフレとカスタードプリンのふわとろ食感に生クリームのミルキーな甘さと軽さ、キャラメルが奥行きを出しています。

それらが見事に一体となって美味しい。

甘すぎないのもいいですね。

一見変わった組み合わせですがカスタードプリンが柔らかければ合うんだろうなと思っていたのでその点はちゃんと柔らかく仕上げていました。

食べる前にいろいろ想像しちゃうんですよね。

コンビニスイーツでこれだけ美味しかったら本家はもっと美味しいんだろうな。

あえて難点を言えば水っぽいのと油っこさが気になったから、きっとそれを感じない出来になっているはずです。

あとカスタードプリンはもっとゆるくてクリームってくらいになっているはず。

と、また食べる前に想像する癖が出てしまいました。

今度は本家食べてみよっと。

 

 

mariostang.hatenablog.com

 

mariostang.hatenablog.com

 

ペヤングやきそば カレー+納豆

ペヤングやきそば カレー+納豆」味を食べました。

友人が美味しいからといってくれたものです。

ありがとう。

 

f:id:mariostang:20181124143258j:image

金色のパッケージがまぶしいぜ。

 

f:id:mariostang:20181124143309j:image

これが納豆。

 

f:id:mariostang:20181124143318j:image

これがかやく。

カレーの具として人参とジャガイモですね。

 

f:id:mariostang:20181124143327j:image

かやくはいつも麺の下に入れます。

 

f:id:mariostang:20181124143337j:image

ソースを重しと温めのために蓋の上に置きます。

麺の下にかやくを入れるのもソースを温めるのも今では公式のコツですが、僕は自分で考え出したんですよ!!

まあそういう人多いでしょう。

 

f:id:mariostang:20181124143346j:image

お湯は粉末スープ用に流用します。

これはやきそば弁当のパクリです。

わかめスープがオススメ。

納豆をかける前にカレーソース味だけで一口食べます。

めっちゃカレーです。おいしい。

そして納豆をかけて完成。

 

f:id:mariostang:20181124143355j:image

 

はいできました!

納豆の香りもしっかりします。

カリカリな感じかと思いきや、麺の水分で戻り納豆のネバネバ感が出ます。

納豆カレーそのものの味です。

すごい。

 

f:id:mariostang:20181124143404j:image

最後に粉チーズをかけていただきます。

カップ麺をそのまま食べたことがない。。。

いつも何かちょい足ししてしまうんですよね〜。

でも美味しい。

 

納豆もカレーも再現度が高くておいしかったです。

自分でも買おうっと。

まるか商事 ペヤング カレーやきそばプラス納豆 120g×18個

まるか商事 ペヤング カレーやきそばプラス納豆 120g×18個

 

 

 

mariostang.hatenablog.com

 

 

mariostang.hatenablog.com

 

猫と仲良くする方法

f:id:mariostang:20181123212347j:plain

猫と仲良くなりたいと思っていても猫は警戒心が強いので人に慣れない場合もあります。

そんな時はこうすると触れるとこまではいけるんじゃないかなという持論があります。

(ちなみに友人宅に遊びに行った時にいる飼い猫を相手にする場合です)

 

1、構わない

仲良くなるとか言っているのにいきなり真逆のことですが、知らない人を見たら隠れてしまうほどの猫の場合はそっとしておく方がいいです。

嫌がることをしないというのがポイントですね。

あまり動かないでソファにでも座っておきましょう。

ちらちら見るのも良くないですね。

そうやって警戒心を徐々になくしていきます。

 

2、飼い主と仲良くする

一旦猫は放っておいて飼い主と仲良く会話しておきましょう。

安心できる相手だと理解してもらいます。

 

以上のことをやっているとしばらくしたら猫の方から近づいてくることがあります。

その時に自分の匂いを嗅がせてから少しずつ触ると慣れていくのではないかなと思っております。

逆に言うと猫が苦手だけど動物嫌いだと思われたくない人はガンガンかまっていくと猫が逃げるので「好きなのに残念〜」と言うことができます(笑)

まあ後々大変そうなので素直に苦手だと告白する方がいいですけどね。

 

※個人的な見解なので効果は未知数です

SF映画「チャッピー」感想

遅ればせながらSF映画 「チャッピー」を観ました。

 ストーリー

2016年―犯罪多発地区、南アフリカ ヨハネスブルグに世界で唯一の“感じ、考え、成長する”AI(人工知能)を搭載したロボットが誕生。彼の名はチャッピー。起動したばかりのチャッピーは真っ新でまるで子供のようだが、彼の余命はたった5日間しかない。ギャングにさらわれたチャッピーは、ギャング式の生きる術を覚え加速度的に成長する。ただ「生きたい」と願うチャッピーの人知を超えた行動に、我々は衝撃の結末を目撃する。

前作でも南アフリカを舞台としたSF映画「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督作品です。

ロボット警察が犯罪を取り締まるというのはロボコップ(2014)と似た世界観でした。

あちらが「人間がロボットになったら」というテーマに対しチャッピーでは「ロボットが人間になったら(心を持ったら)」という逆の構図です。

よくある設定ではありますが南アフリカの混沌とした現代感をミックスさせている点で異質な雰囲気があります。

純粋なロボットと欲深いギャングスタ、正義と悪の対比という単純な構造から始まりますがいつしかそれらが混ざり合い逆転していくことに現実の複雑さが表現されています。

チャッピーは生み出した人間、育てた人間、付けねらう人間と全ての人間に翻弄される宿命を持っています。

そうこの映画は「人間」を描いているのです。

そして我々はチャッピーもその人間に含んでいることに気づくでしょう。

以前の記事にも書きましたが、SF映画は荒唐無稽な空想物語なのではなく現実と人間を描いているものなのです。

「第9地区」も同じく人間のどうしようもなさを突きつけています。

チャッピーがかわいそうで仕方ない。。。 

 

育ての親になったギャングスタ役として南アフリカの音楽ユニット「ダイ・アントワード」のMCニンジャとヨーランディーが「実名」で出ています。

キャストのことは知らずに観たので「おお!まさかの二人が出てるやん!」と驚きました。

南アフリカつながりでちょい役なのかなと思っていたらがっつり主役級でした。

しかもばっちりハマリ役。

ダイ・アントワードで音楽をやっているかなりぶっ飛んでる二人そのもの。

www.youtube.com

ちなみに二人は夫婦で日本のカルチャー好きとしても知られています。

同じく日本カルチャー好きのレディ・ガガとはかなり仲が悪いそうです(笑)

 

細かい場面ではツッコミどころもありますが全体的に良かったのであまりいろいろ言うのは無粋というものでしょう。

SFは思考の重力を超えなくてはいけない!!

というわけでこれはオススメしたい映画です。

 

mariostang.hatenablog.com

 

壊れたiPhone

f:id:mariostang:20181105214852j:image

初めはタイトルを「iPhone壊れた」にしようと思ったんですけど、なんか間が抜けてるなと思って「壊れたiPhone」にしました。

倒置法にしただけで文学性が増したような気がします。

切ない物語でも書き出しそうな感じです。

んなこたない。

そんなことはさておきiPhoneが壊れてしまいました。

普通に落としてしまったからなので結局間抜けです。

カバーなんか付けたらデザインの敗北だとか意味のわからないことを言って何も装着せずに持ち歩いてました。

 

ちなみに機種はiPhone 5sを4年9ヶ月も使ってました。

かなり保ったなー。

電池も劣化してないし不具合もないので落とさなければもっと使えたんですけどね。

容量21ギガしか使ってなかったし(笑)

そして今回 5sからSEに替えました。

見た目は全く同じです。

このサイズがいいんですよね。

後継機はもう出なそうだしこれでいいやって感じで。

でも7万円しました。

全然安くなってない!!

これなら新しい機種とそんなに変わらないぞ。

でもこのサイズがいいからこれでいいんだ・・・。

ただよく考えたらOSやサポートの面が終わればあまり長く使えないのでは?

うーむ。

今度はもっと大事に使お。

 

 

mariostang.hatenablog.com